株式会社メホールジャパン / 株式会社メディカル・メホール 公認サイト

臨床試験

大阪大学医学部関連(株式会社エバンス研究所)

 ・昇温効果ならびに血流改善効果が認められました。
 ・炭等に比べ保温性に優れていることが検証されました。
 ・赤外線の放射量が炭等に比べ高いことが検証されました。

試験内容

保温、血流改善効果のクロスオーバー二重盲目無作為化比較試験、検体65歳以上男女被験者6名(除外基準:疾病により加療している患者)

試験方法

 2時間甲側マット使用後に1時間のブランクをおき、2時間の乙側マットを使用する。
 2時間使用における保温、血流改善効果をサーモグラフィー、血流計により測定する。

補助試験

 6時間のクロスオーバー無作為化比較試験を2名の被験者で実施した。
 試験環境室(室温25度、湿度40%)、サーモグラフィー、血流計(オメガウエーブ)

施設名称

 大阪大学医学部関連(株式会社エバンス研究所)

検査担当医師

 近藤磯(医学博士)

試験実施日

 平成20年8月1日

試験結果

1.既存商品と比べて高い保温効果と血流改善効果

 クロスオーバーによる2時間後のスーパーメディカルマットとエアマットとの体表温度と皮下血流の比較。
 ・昇温効果ならびに血流改善効果が認められた。
 ・炭等に比べ蓄熱マテリアルが保温性に優れていることが検証された。
 ・蓄熱マテリアルは赤外線の放射量が炭等に比べ高いことが検証された。

◆付随データ

  1. 患者背景:女性4名、男性2名(平均年齢72.7歳)
  2. 背景疾患:高血圧症1名(男性)、高脂血症1名(女性)
  3. 血流解析機器:OMEGA FLO-C1(オメガウェーブ社)
  4. 血流解析ソフト:OMEGAWORX OX-4(オメガウェーブ社)
  5. サーモグラフィー:SLIK AMT pro700DX-AMT
  6. 血流測定部位:5ヶ所(第5腰椎、第2仙骨、第3仙骨、第2仙骨左右)

image9image10
P<0.0001 でスーパーメディカルマットの基礎体温が高値であった。

背部表面温度が有意に上昇しました。
※試験後の被験者の安全性については問題ありませんでした。
image11image12

2.独自開発の蓄熱マテリアルにより、高い保温性を実現

image14image15

3. 高い赤外線放射率を確認

image16

長崎県窯業技術センターで赤外線放射率試験

 ・スーパーメディカルマットとウレタンゴムマット比較試験が行われ、中赤外線放射率が優れていることが検証されました。

大阪大学医学部付属病院関連施設:大阪脳神経科

 ・治癒及び基礎体温は33度台から37度台に上がるのが検証されました。

試験内容

患者15名による床ずれ患者の治療試験及び患者の基礎体温の上昇試験

試験結果

治癒及び基礎体温は33度台から37度台に上がるのが検証されました。
症例1: 63歳女性18日間使用
1112
症例2: 71歳男性50日間使用
2-12-22-3
症例3: 89歳女性3ヵ月間利用
313233
症例4: 88歳女性2ヵ月で完治
414243
症例5: 85歳女性2ヵ月間利用
515253

国立帯広畜産大学病理学部

 ・動物による血管拡張試験で、血管、血流改善が実証されました。

スーパーメディカルマットの秘密

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP